【DIVISION2】武器の性能と選び方【初心者向け】

ゲーム

DIVISION2では武器、防具の性能≒攻撃力になっており武器の性能はとても大事になってきます。DIVISION2ではレベルが上がってもアバターの攻撃力が上がったりしません。アバターは強くなりませんがドロップする武器や防具のレベルがアップします。最初はドロップしたレベルの高い武器をどんどん使っていき自分に合った銃を見つけて楽しくプレイすることが重要です。レベル40までは最上級がドロップしないのでそこまで細かな性能を熟知しなくて大丈夫なのですが性能の見方を知っているといないではいざ武器を厳選しようと思うと大きく変わってきます。

 

スポンサーリンク

DIVISION2の武器

DIVISION2ではメイン武器、サブ武器、ハンドガン、シグネチャーウエポン、グレネードの5種類装備する事が出来ます。OPTIONボタンを長押しで持ち物画面を開く事が出来ます。

持ち物画面では上から武器、真ん中は防具とMOD、下はスキルとなっています。

画像の一番上の武器はシグネチャーウエポンといいレベル30のクリア後に解放されるスペシャリゼーションと言われるスペシャル武器です。強いですが持てる弾数が少なく拠点に戻っても弾が補充されないので敵からのドロップされた弾を拾うしかありません。種類は現在6種類ありますが解放するのに条件があったりビルドに合わせたりと書ききれないので後日別で書きたいと思います。やはり大事になるのはスペシャリゼーション下にあるメイン武器とサブ武器です。

 

DIVISION2の武器の種類

種類は7種類ありそれぞれ特徴があります。武器は見た目が似ているものがありますがアイコンがついていて一目でどの種類に分類されているか分かるようになっています。武器ダメージ以外にそれぞれに必ず固定でついているコア特性があります。武器ダメージもこのコア特性の数値もドロップする毎に変化するので運が良ければ武器ダメージ、特性の数値が高い武器を拾う事が出来ます。※ゲームモードをヒロイックやレジェンダリなど難しいモードでプレイする方が数値が高い武器がドロップしやすいです。

アイコン 種類 適正距離 弾装数 特性
R(ライフル) 中距離〜遠距離 10〜30 クリティカルダメージ上昇
AR(アサルトライフル) 近距離〜中距離(遠目) 20〜40 HPダメージ上昇
LMG(ライトマシンガン) 近距離〜中距離(近目) 40〜100 カバー外へのダメージ上昇
SMG(サブマシンガン) 近距離〜中距離(近目) 30〜50 クリティカル率上昇
DMR(マークスマンライフル) 遠距離 10〜20 ヘッドショットダメージ上昇
SG(ショットガン) 近距離 5〜20 近接ダメージ上昇

弾装数はおおよそなので100%表示されている数とは限りません。(アタッチメントと付ける事でも変わります) 武器は実際に撃って戦って自分のプレイスタイルに合わせて行けばいいと思います。

はじめはメインとサブで2種類装備できるので最初は出来れば適正距離の違う武器を装備するのがおすすめです。

アサルトライフル、ライトマシンガン、サブマシンガンは連射武器なので反動があり撃つ方向がズレてきます。ズレる方向や範囲は銃によって変わるので撃ってみてズレる方向とは逆に視野を動かし調整する必要があります。これをリコイルコントロールといいます。FPSやTPSのシューティングゲームにはよく採用されている仕様なので経験がある人も多いと思います。

上の写真はリコイルコントロールせずにLMGを撃った時の写真です。右上に変動でズレていってるのが分かると思います。この場合少し左下にR3ステックを倒しリコイルコントロールしてやる必要があります。銃のブレはそれぞれ銃によって違うので壁に向かって撃つとブレが大きいや小さい。左右どちらにブレるなども体感しやすいと思います。

 

DIVISION2の銃の特徴

ライフル(R)

一発ずつのダメージはアサルトライフルより大きく、引き金(R2)を引くたびに1発ずつ発射される銃です。連射能力は銃によって違い連射能力が高いライフルほどダメージは低い傾向にあります。反動はあるものの1発ずつ打てるのでリコイルコントロールの必要はなく的確に狙えばヘッドショットを連続で当てる事も可能です。また最適距離も長く遠く中距離から遠距離の敵に有効な武器です。1発ずつなので近距離の敵(近寄ってくる敵)には向かずメインでライフルを使う場合には近距離の敵に対応できるショットガンやサブマシンガンをサブ武器で使用する事をオススメします。

アサルトライフル(AR)

一番汎用性が高い武器です。少し遠くの敵にも届くし連射が出来るので近くの敵を処理する事も出来るので結局アサルトが使いやすいという人も多いと思います。ただ武器の幅は広く種類も多いです。反動や弾装数もバラバラなので色んなアサルトライフルを使い自分に合ったアサルトを見つけてください。私も結局アサルトライフルに落ち着いたのですが私は集弾性の高いアサルトライフルが使いやすいです。集弾がいいと少し遠距離気味の敵にも当てやすいです。Mk16やP416などがオススメ。

ライトマシンガン(LMG)

一番弾装数が多い武器です。1発のダメージはアサルトライフルより少し低いイメージ。近距離〜中距離(近め)の敵に有効でAIM(狙いを定める)が下手な初心者の間は敵の前で弾切れになる心配が少ないので安心して使える武器だと思います。私も最初LMG使ってたんですが少しダメージが低いのと集弾性が悪いので結局アサルトライフルを使うようになりました。アタッチメントで武器ハンドリングの上昇など付けると少し扱いやすい気がします。

サブマシンガン(SMG)

一番レート(連射速度)が高い武器だと思います。ダメージはアサルトライフルと同じくらいです。連射速度が高いので近寄ってきた敵もゴリゴリ削れるイメージです。ただ連射は早いけど少し離れると弾がバラけて途端にダメージが出なくなるイメージです。ゲーム内の距離で25m以上はアサルトに持ち替えてしまいます。

マークスマンライフル(DMR)

Designated Marksman Rifleの略でDMRと書かれる事が多いです。このゲームではスナイパーライフルSRがないのでDMRがスナイパーライフルと考えていいと思います。ライフルより連射が遅いけどダメージが大きくかなり遠距離の敵も狙えます。コア特性がヘッドショットダメージなので遠距離からヘッドショットする武器でしょう。対人戦のゲームではこちらの位置に気づく前の「どこだ!どこだ!」となっている間にパーン、パーンと当てて相手を倒しますが相手がCPUなので2発目当てる前にカバーに入られたり移動されてしまい結局仕留め切れない感じがして私はあまり使っていません。

ショットガン(SG)

近距離武器で最強なのはやはりSGだと思います。DIVISION2では1発の薬莢に8発の散弾が入っており敵が近ければ近いほど8発とも当たりやすくなり威力を発揮する武器です。他の銃との大きな違いはヘッドショットを狙うより当たる範囲の広い胴部分を狙い8発全弾ヒットさせる方が強いと思います。散弾の広がり方は銃によってバラバラなので試してもらうのが一番ですが私のイメージでは15m以上は弾がバラけてダメージが落ちる気がします。SGはDIVISION2でみんなが大嫌いな走ってきて自爆する敵を倒すのにかなり有効です。ダメージが大きいので1発目を正確に胴体にドン!と当てれば走ってきた敵は後ろによろめくので自爆する前にそのまま倒しきる事が出来ます。

 

私のDIVISION2おすすめの組み合わせは
ライフル+ショットガン  アサルトライフル+ショットガン

私のおすすめの組み合わせを書きましたがこればかりは好みや戦闘スタイルがあるので色々試して見るのがいいでしょう!

DIVIION2の武器性能

このFALSA-58という武器を例にみていきたいと思います。

合計ダメージ

合計ダメージがこの武器の1発のダメージという認識でいいと思います。FALのダメージにコア特性のアサルトライフルダメージが15%が加わった合計ダメージが126.8Kということになります。

RPM

1分間に何発発射出来るかを表していてこの武器は連射すれば1分間に650発連射できる連射速度ということになります。

MAG

弾装数です。銃のマガジンに入る弾になります。40発撃つとリロードする事になります。

コア特性

コア特性は武器の種類によって固定でその武器のダメージと特性が付きます。それぞれの武器のコア特性は上の表の通りです。

特性

特性は色々な特性がランダムで付きます。普通の武器はどんな特性がつくかはドロップしたものを拾うまで分かりません。ネームド武器、エキゾチック武器はこの特性まで決まっているので欲しい特性を狙ってゲットしやすくなります。

私のおすすめの特性は「カバー外へのダメージ上昇」これがいい数値付いているとカバー外の敵へのダメージが大きくなるのでおすすめです!特にSGでカバー外が付いているとめちゃつよです!

タレント

タレントはDIVISION特有のその武器自体のスキルみたいなものになります。それぞれ色んなタレントがありダメージが上がるものやアーマーが回復するものスキルダメージが上がるものなどビルドによってもタレントを変更したいところです。例に出したFALのタレントはオプティミストといい内容は『マガジンの弾薬が10%減るごとに武器ダメージが+3%する』という攻撃力が上がるタレントです。マガジンが40発なので4発撃つたびにダメージが3%上昇します。ということはこのタレントではマガジンを途中でリロードせず最後まで撃ち切る方がダメージが出るということになります。

命中率

命中率はそのままどれだけ狙ったところに当たるかです。集弾性と言えるでしょう。

安定性

安定性は武器のブレです。武器を撃った時の反動が大きいか小さいかです。安定性が悪ければリコイルコントロールが難しいと言えます。

ダメージ減衰

遠くに行くほどダメージが少なくなります。このFALSA-58だと30m付近から100mまでゆっくり減衰していく仕様になっているようです。

MOD

武器MODは武器に付けられるアタッチメントになります。スコープやサプレッサー、コンペ、グリップなどを付け銃の能力を補助する事が出来ます。アタッチメントは設計図を手に入れるとクラフトステーションでクラフト出来るようになります。

 

再調整ステーション

銃の種類、銃の性能(コア特性、特性)、タレントなど自分の欲しい武器を厳選するのはとても大変。「この武器特性がカバー外だったらタレントも性能も良かったのに!」なんてよくある事です。そこで自分の好みに合わせて武器・防具の特性や性能、タレントなどを調整する事が出来るのが再調整ステーションになります。

再調整ステーションの使い方はまた別記事で詳しく書こうと思います。

 

DIVISION2の武器の性能と選び方 まとめ

DIVISION2では色んな武器がありそれぞれ個性があります。まずは色んな種類の色んな武器を使ってみて自分に合った武器を選ぶのがいいと思います。私は結局アサルトライフルに落ち着きましたがレベル40までライフルを使っていました。操作に慣れることでリコイルコントロールが出来るようになりアサルトが当たるようになった感じです。お気に入りの武器が出来たらコア特性、特性、タレントを厳選して行くといいと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました